Scroll

ご挨拶

ご高承の通り、廃棄プラスチックは海洋汚染問題など喫緊の世界的課題として広く認識が進み、本年6月の軽井沢でのG20環境関連大臣会議や大阪でのG20首脳会議において議論される予定となっております。

こうした中、2019年1月16日、「Alliance to End Plastic Waste」(以下、AEPW)が米国で発足しました。AEPWは、化学、プラスチック加工、消費財、小売り、廃棄物管理など、プラスチックのバリューチェーン全般に携わる企業30社以上で構成される非営利団体です。AEPWは、今後5年間で総額 15 億ドルを、4つの主要分野(インフラ開発、イノベーション、教育、クリーンアップ)に投じることで廃棄プラスチック問題への対応を推進してまいります。

この度、AEPWの発足に伴い、日本では初の国際フォーラムを開催する運びとなりました。当日は、AEPWの紹介、プラスチックに関わる様々なバリューチェーンの代表者によるパネルディスカッションを通し、廃棄プラスチック問題について議論するとともに、今後の日本での取り組みを強化していくためのビジョン等を共有させていただき、当問題に対する国内外での啓発活動の促進に貢献していきたく存じます。

つきましては、ご多用のこととは存じますが、是非ご臨席賜りますようお願い申し上げます。 お手数ではありますが、ご出欠につき6月25日までにお申し込みフォームよりお手続きくださいますようお願い申し上げます。

デイビッド・テイラー (David Taylor)

Chairman of the Board, AEPW

プロクター・アンド・ギャンブル

取締役会会長兼社長兼最高経営責任者

概要

開催日
2019年7月22日(月)
13時00分~15時00分(受付12時~)
お申込み多数のため、一部の方につきましてサテライト会場からの参加の可能性もございます。

プログラム

13:00〜13:10
開会の辞

株式会社三菱ケミカルホールディングス


代表執行役社長 越智 仁

13:10〜13:30
スピーチ:AEPWについて


プロクター・アンド・ギャンブル


チーフ・サステナビリティ・オフィサー 



ヴァージニー・ヘリアス


Virginie Helias
Chief Sustainability Officer, Procter & Gamble

13:30〜13:40

ご挨拶


経済産業省 産業技術環境局


資源循環経済課 課長 横手 広樹

13:40〜14:45
パネル・ディスカッション

登壇者

■ プロクター・アンド・ギャンブル


  ヴァージニー・ヘリアス


■ プラスチック・インスティテュート・
オブ・タイ


  コンサック・ドゥクブア


■ 独立行政法人 国際協力機構(JICA)
地球環境部


  伊藤 民平


■ 21世紀政策研究所 研究主幹


  東京大学大学院工学系研究科
人工物工学研究センター


  梅田 靖 教授


14:45〜14:50

WBCSDからのビデオメッセージ



World Business Council for Sustainable Development:

持続可能な開発のための世界経済人会議
14:50〜15:00
閉会の辞

住友化学株式会社 
代表取締役社長 岩田 圭一

三井化学株式会社 
代表取締役社長 淡輪 敏


プロフィール

モデレーター

中村 俊裕
(コペルニク共同創設者兼CEO)

ラストマイルの人々にシンプルで革新的なテクノロジーを届けるため、2010年コペルニクを共同創設。

プラスチック廃棄物リサイクル装置の実証実験など、プラスチック再利用に関わるイノベーションにも積極的に取り組んでいる。

マッキンゼーで経営コンサルタント、国連では平和構築、自然災害後の復興などに従事。

京都大学法学部卒業、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスで比較政治学修士号取得。

2018年より大阪大学COデザインセンター招へい教授も務める。

2012年に世界経済会議のヤング・グローバル・リーダーに選出。

アクセス

経団連会館 2階 国際会議場

〒100-0004 東京都千代田区大手町1-3-2

TEL:(03) 6741-0222

■ 東京メトロ「大手町」駅下車 C2b出口直結

お問合せ

取材についてのお問合せ

03-5427-7311

aepwjp_guest@webershandwick.com

AEPW日本広報代理ウェーバー・シャンドウィック 担当:三ノ上、上杉

AEPW国際フォーラム 事務局